会社沿革


1952(昭和27年)  大阪市北区に於いて、山岡正一が石版印刷機1台にて創業する
1958(昭和33年)  山岡秀嗣が所長に就任する
1960(昭和35年)  石版オフセット機を導入する
1961(昭和36年)  金付機を導入する
1963(昭和38年)  ベビー単色機を導入する
1965(昭和40年)  全自動オフセット機(ハイデルKOR)を導入する
1967(昭和42年)  ベビー半裁自動単色機を導入する
1969(昭和44年)  全自動オフセット機(ハイデルKORD62)を導入する
1970(昭和45年)  焼枠・殖版機を導入する
1977(昭和52年)  印刷技術国家試験場として弊社が使用される
 ※1977(昭和52)年から1981(昭和56)年までの5年間
1983(昭和58年)  全自動オフセット機(ハイデルMO)を導入する
1984(昭和59年)  全自動殖版機を導入する
1985(昭和60年)  会社組織設立 新社屋完成
 全自動オフセット機(ハイデルKORD64)を導入する
1990(平成2年)  全自動4色機(三菱ダイヤ)を導入する
1992(平成4年)  菊全断裁機を導入する
1994(平成6年)  全自動2色機(小森スプリント)を導入する
1996(平成8年)  全自動殖版機および全自動PS版現像機を導入する
1997(平成9年)  菊全全自動断裁機を導入する
2011(平成23年)  ネット事業部門「e-l@b」を設立
2013(平成25年)  山岡祐一が社長に就任する

 

↑ PAGE TOP